おかりんのミサレイニー

アクセスカウンタ

zoom RSS トリノ、鶴岡剣太郎選手を応援しようっと。

<<   作成日時 : 2006/02/04 17:53   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「スノーボードっていうと大抵、茶髪のロンゲにピアスでイェーイ!って感じでしょ。でも僕はあくまでスポーツとして取り組んでいるんです」

トリノ冬季五輪でスノーボードのパラレル大回転に出場する鶴岡剣太郎選手(31歳)。最近、ある所でこの選手を見かけ、なかなか気に入ったので応援することにした。試合は2月22日。一日で予選から決勝戦までやってしまうという。

冬季五輪というとフィギュアスケートやらスキーのジャンプなど花形種目に目が向かいがちだ。私も大回転といえばスキーだと思っていた。スノボといえばチューブのようにアクロバティックな滑りを競うんだと思っていたが、これにもタイムトライアルの種目があったのだ。

鶴岡選手は金沢市のオフィス・スポーツ・スタントに所属するプロスノーボーダーだが、千葉市の出身。私がたまたま同市の教育長に面会していた時、鶴岡選手がトリノ出発前の表敬に訪れたので、横で話を聞いていた。それで、頑張って欲しいな、と思った次第。

鶴岡選手は千葉市内の小・中学校を出た後、山形県鶴岡市の私立羽黒高校、仙台大学に進んだ。経歴を見ると、
1998年 JSBAプロサーキット10位、プロ資格取得。
1999年 全日本スノーボード選手権大会 回転優勝
2002年 全日本スノーボード選手権大会 大回転優勝
2003年 青森冬季アジア大会 スノーボード大回転・回転3位
      プロツアー第1・2・4戦優勝 シリーズチャンピオン
2004年 プロツアー第2戦 優勝
      FISジャパンカップ 優勝
2005年 FIS全日本選手権大会 優勝
2006年 トリノ五輪日本選手代表
とある。FISは国際スキー連盟。JSBAは日本スノーボード協会。国際的にはスノボはスキーの一種という位置付けなんだろか。

「もともと父に習って3歳からスキーを始めました。中学で全国大会に出られたのがきっかけで、スキーをどうしてもやりたくて山形の高校に進んだんです」

そうだよねえ。千葉って雪はあんまり降らないもんね。

「でも全中大会で千葉から来たっていうと、なめられました。周りはみんな北国の子でしょ。結構くやしい思いもした。でもハンディとは思わず、いつかこういう舞台に立ちたいと思ってやってきました」

なるほどねえ。映画「クールラニング」じゃないけど、雪の降らない所からでも選手が出ると嬉しいよ。鶴岡選手、出場に向けて決意表明もしていた。

「雪がないという環境でも、負けずに一所懸命頑張れば、俺にもチャンスがあるということを見せることができた。それをみなさんにもパワーにしてもらえればと思う」
「五輪でどこまで行けるか分らないが、100%の力を出し切りたい」

琴欧州を応援したくなるのと同じで、そもそも畑違いの世界から挑戦する姿にすがすがしさを感じた。ただ、世界を相手にする以上、もうちょっとハングリー精神も見せて欲しかったな。
どこでスキーからスノボに転向したのか聞き漏らしたけど、身長186センチの好青年だった。活躍を期待してます。

鶴岡剣太郎のオフィシャルサイトもありました。
  http://www.kentarotsuruoka.com/index2.html

★★★★★
追記 (2月23日)
あちゃー、予選落ちか。まだまだ世界の壁は厚いな。ま、めげずに頑張ってほしいね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリノ、鶴岡剣太郎選手を応援しようっと。 おかりんのミサレイニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる