おかりんのミサレイニー

アクセスカウンタ

zoom RSS k-pops:汚点となったIVYのPVパクリ問題(追加あり)

<<   作成日時 : 2007/04/14 13:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

私が関心を持っている韓国シンガー、IVYの最新曲「誘惑のソナタ」が韓国で初のNo.1ヒットになったというので喜んでいたら、彼女のプロモーションビデオ(PV)が日本の人気ゲームソフト「ファイナルファンタジー」(FF)のパクリだったことが判明した。だから韓国は…とあきれてしまう。ただ、このPV、なかなかよくできているんですよ。

IVY(24)の歌は当ブログで2回取り上げ、つたない私の対訳とYoutube上にあるPVのリンク先を紹介している。最近は「韓国で『氷の微笑』の続編を作るとした場合、最も似合う主人公は?」というアンケート調査で彼女がトップに選ばれ、「韓国のシャロン・ストーン」と呼ばれるようになったという。その彼女の新曲「誘惑のソナタ」が大ヒットしていると知り、早く聴きたいと思っていた。
画像
韓国ではシングルCDという概念がない。従ってNo.1ヒットというのは、セカンドアルバム「A Sweet Moment」に収められたこの曲が韓国民放SBSテレビ(ソウル放送)の「人気歌謡」という公開番組でトップに選ばれたということを意味しているが、実際、アルバムも結構売れているようだ。
(現時点でこのCDはまだ入手できていない。入手できたら、このブログで対訳を掲載したいと思っているところです)
でも、PVをきのう見つけた。

  http://www.youtube.com/watch?v=r6m01X8Qzkw

いかがですか? 格好いいでしょ。
一見「火山高」を思い出すけど、凝りに凝ったSFドラマ仕立てで、アクションシーンも見ものだ。感心する出来栄えだ。

ところが、これが盗作だったことを知った。それを知ったのは、たまたまのぞいた「めっつお」さんのサイトから。

  http://www.i-mezzo.net/log/2007/04/08010919.html

コピられた元のファイナルファンタジー(野村哲也監督)の映像は、ネット上なので鮮度が低下していると思うけど、以下にあります。
 Final Fantasy VII Advent Children - Tifa vs Loz
  http://www.youtube.com/watch?v=gCaH5VfkVr4&eurl=

事実関係は上のめっつおさんの記事で分かりますが、ここでは中央日報4月6日の記事を転載しておきます。

「IVY、ひょう窃でミュージックビデオ上映禁止処分に」

最近、新曲「誘惑のソナタ」で人気の歌手IVY(アイビー)がミュージックビデオを放映できなくなった。
ソウル中央地裁民事合意50部は6日、ゲーム「ファイナルファンタジー」の日本製作会社スクウェア・エニックスが「IVYのミュージックビデオがアニメーション映画『ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン』の場面を無断でひょう窃した」として、IVY所属事務所ファントムエンターテイメントグループを相手に出したビデオ上映禁止など仮処分申請を受け入れた。
裁判部は決定文で「ミュージックビデオのうち歌手IVYが舞踊家らと一緒に踊る場面を除いた残りほとんどの場面がアニメ『ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン』と著しく似ていると判断される」と明らかにした。
裁判部は登場人物の容貌や服装および事件構成をはじめ、展開の過程、その背景となる場所、画面構成および編集がすべて似ていると判断した。(了)


まあ、記事を読むよりも実物を鑑賞する方が分りやすい。
両方を見て比較していただければ、一目瞭然だ。
パクリというよりも、本当にそのまんま。
むしろ、「FF XU」の場面の実写版というのがふさわしい。
裁判の中でIVY所属事務所側は「FFを制作した監督に敬意を表しオマージュとしたもの」と釈明していたそうだが、ここまでそっくりに作ればオマージュではない。下手な言い訳をするから嫌われる。

でも、このPV、出来栄えは非常にいいと思うのだ。曲そのものはNo.1になるほどではないし、ダンス場面も大したことはないけれど、IVYとサイボーグ(?)との決闘シーンは部分的に「FF」のCGをも凌駕していると思う。日本人アイドルがこの女性の役をやるとどうしても個人的なPVと見られがちになってしまうが、IVYは日本であまり知られていない分、違和感なく楽しめる。

裁判所の仮処分決定を受けて、IVY所属事務所側は早急に新しいビデオを制作するというから、このPVは放映中止、お蔵入りになり、Youtubeに乗っているPVもいずれ削除されるのだろうか。
もったいないなあ。

私は、スクウェア・エニックスが廉価で買い取って、「FF XU」の実写版PVとして活用するのが一番いいと思う。このニュースを知って、私は「FF」を見てみたくなったくらいだから。
スクウェア・エニックスさん、そういう方向で検討していただけませんか?

          ○          ○

 【PS:2007/11/28追記】
数日前、釣本直紀さんいう方から、抗議のメールをいただきました。ので、内容をg追加してご紹介します。
私のブログ記事「k-pops:汚点となったIVYのPVパクリ問題」に対する意見ということで、

>「FF XU」の実写版PVとして活用するのが一番いい

原作の持つ世界観を壊してまで、こんな盗作ビデオを買い取るメリットはスクウェア・エニックスには何もありません。 仮にこのIVYのPVがスクウェア・エニックスと正式に提携を結んだものとして創られたものであったとしたら、 スクウェア・エニックスは間違いなく消費者から批難されます。
そのくらいこのPVは原作と合わない。そもそも実写という時点で原作とは合う筈が無い
。原作を全く知らない人には何でもないのでしょうけど。

>このニュースを知って、私は「FF」を見てみたくなったくらいだから

見てみたくなったと言ってもあなたが見たのはYoutubeに違法にアップロードされている動画であって、 ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレンのDVDなりUMDなりを金を払って買っ
て見た訳では有りませんよね?
著作権者であるスクウェア・エニックスの利益にはなっていない。

>そういう方向で検討していただけませんか?

あまりにも自分勝手な意見だ。この盗作PVで不快に思う人間を無視している。
いくら韓国好きでも盗んだ者が得をする世の中なんて望まないで欲しい。


とのお話でした。
確かに、著作権法違反であることは間違いなく、本来は韓国側の製作者が率直にスクエニに利用許諾を申し出て、駄目と言われればあきらめるのが筋。その辺の事情を割愛して、もったいないから〜という私の意見で気を悪くされた方は少なくないでしょう。
配慮が足りず、申し訳ありません。

YouTubeじゃなくてちゃんとカネ払ってみろ、という趣旨のお小言もお説ごもっともです。きっとYouTubeなんて便乗垂れ流しメディアを大嫌いで、一切見ない方なのでしょう。
少なくとも私が大嫌いなJASRACに歌詞を印刷しようとしただけで著作権料を要求されるのとは違って、スクエニさんから求められれば文化創造活動に私も貢献したい。
とはいえ、このサイトが削除されるかなと思ってたら半年たってもYouTubeに残っているところを見ると、さすがスクエニさん、大目に見てくださっているのかな、とも思います。
また、私は現在プレステを持っておらず、ゲームとしてこのソフトを見る機会は当面ないので、映画版のビデオソフトなどを拝見する時にお支払いすると思います。悪しからず。


関連リンク=
 ◆当k-pops対訳シリーズの目次は、
      =http://oka1in.at.webry.info/200804/article_2.html

 ◆最近アップロードされた曲のヘッドラインを見るのなら
      =http://oka1in.at.webry.info/theme/c6cd661f03.html


◆2007/01/21 IVYの「Fool」(馬鹿みたい)を訳す
  http://oka1in.at.webry.info/200701/article_1.html

◆2006/12/17 韓国シンガーIVYの「Do It」を訳す
  http://oka1in.at.webry.info/200612/article_2.html

◆めっつおさんの記事へのトラックバック
  http://www.i-mezzo.net/mt/mt-tb.cgi/11576

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ファイナルファンタジー 12 DS レヴァナント ウイング 攻略
FF 12 DS(ファイナルファンタジー12DS)がついに4月26日発売予定!!内容は、 ファイナルファンタジー12でおなじみのヴァンとパンネロ。彼らの新たな冒険がファイナルファンタジー12 REVENT WINGSで描かれます。プラットホームをニンテンドーDSへと移し、携帯ゲーム機ならではのゲームシステムとタッチスクリーンを活かした場所を選ばず冒険が楽しめる ...続きを見る
ファイナルファンタジー 12 DS レヴ...
2007/04/15 03:56
IVYの「誘惑のソナタ」対訳
韓国の美人ポップシンガー、IVYが歌った「誘惑のソナタ」。 そのプロモーションビデオがファイナルファンタジーのパクリであることは 既に取り上げました(最下部にリンク置いてあります)が、 今回はこの歌のCDを入手したので、翻訳してみました。 韓国でNo.1ヒットになったというけれど、それほどいい出来かなあ。 これはFFの実写版と呼ぶしかないPVの評判が大きく貢献したんじゃないだろうか。 それはともかく、個人的には    ♪Baby U Don't Have To Worry E... ...続きを見る
おかりんのミサレイニィ
2007/05/12 11:54
IVYの「イロルゴミョン」対訳
しつこくIVYの曲が登場します。韓国のk-popsランクで「イロルゴミョン」(こうなるのだったら)がナンバー1になったので、記念に対訳してみました。「誘惑のソナタ」がトップになったのはプロモーションビデオ(日本のファイナルファンタジーのパクリだったけど)の話題性が貢献したと思うけど、同じアルバムから2曲目の「イロルゴミョン」もトップになったことで、IVYの評価が確立されたと思います。 前の曲とは打って変わって、切ない恋の歌です。日本ではここまで一方的でさえない歌はあまり作らないなあ。韓国... ...続きを見る
おかりんのミサレイニィ
2007/06/10 02:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
k-pops:汚点となったIVYのPVパクリ問題(追加あり) おかりんのミサレイニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる