おかりんのミサレイニー

アクセスカウンタ

zoom RSS k-pops:WAXの「赤い糸」を元歌と比較する

<<   作成日時 : 2006/08/05 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

韓国の歌手、WAXが歌っている日本語バージョンの「赤い糸」って、大御所作詞家の松本隆さんが歌詞を書いたんですね。原語歌詞とちょっと比較してみます。画像
最近、コンビになどに寄るとよく耳にする曲がある
  「ごめんね 愛されても 愛し方を知らなかった
   離れ離れ生きていても 不思議な糸が
   こうしてあなたを連れてくる」
堂々とした歌いっぷりだ。歌唱力の高さに舌を巻いてしまう(ただ、お見事すぎて、日本人男性が聞くと負けちゃいそうな気もする)。
この曲はかなり前から知っている曲だ。WAXの「ファジャヌル・コチゴ(化粧を直して)」。WAXが日本進出を狙ってることは前から聞いていたので、日本向けに日本語のバージョンのCDを出したんだと知った。
それで調べてみると、タイトルは「赤い糸」となっていた。原題とまるで違う。
  作詞 松本隆
  作曲 JY Choi/KH Lim
へえ。松本隆って大瀧詠一の 「ロング・バケイション」に詩を提供したのが一番有名かな。太田裕美の「木綿のハンカチーフ」とか、松田聖子の「赤いスイートピー」とか。私らの世代の青春の思い出の曲がたくさんある。そこで興味を持って、元の歌詞と日本語版の歌詞を比べてみることにした。
もちろんJASRACの許可は取っていないので、申し訳ないが松本隆さんの歌詞は断片的に引用させていただく。

  ★参考=以下のサイトでプロモビデオが見られます。是非ご鑑賞を。
         http://www.barks.jp/feature/?id=1000022031
(このサイトを開くとき、新しいタブで開けば、曲を聴きながらこのブログの歌詞、対訳を読むことができて便利です。原曲の歌詞と日本語対訳と比較したい場合は、対訳をコピペして付箋のソフトやアクセサリ内の「メモ帳」に貼り付けて、原曲歌詞の横に並べるといいでしょう)


歌い出しはこんな感じだ。
   「時があなたの顔を変えたけど
    遠くから見守っていた瞳は昔のまま
    いやね せっかく化粧したのにね
    泣いてたら ずっと不幸と誤解されてしまう」
かつて付き合ってた男性と再会して、思わず涙ぐんでしまったらしい。男から見ればぐっと来てしまう場面。よりを戻したくなったりするところだ。
原題にあった化粧というキーワードにちゃんと触れているのは、松本さん、マナーを心得ているということなんだろう。
サビの部分は冒頭に挙げたとおり。
   「ごめんね 愛されても 愛し方を知らなかった
    離れ離れ生きていても 不思議な糸が
    こうしてあなたを連れてくる」
離れ離れ生きていても、というからお互い既に家庭を持って暮らしているんだろう。あるいは男性だけ既婚か。このままよりを戻すことができない何かの事情がある、と感じさせる。それにしても「愛されても 愛し方を知らなかった」って、忘れられない良いフレーズですね。

          ○          ○

ここらで、元歌を引っ張り出してみる。フリガナ、ハングル文字表示、日本語訳(ほぼ直訳)の順。うまく表示されなかったら、これ以下をコピーしてwordに貼り付けて、フォントをGlimCheかBatangに変更すれば日本語部分もきちんと出ると思います。

ファジャヌル・コチゴ
화장을 고치고 (化粧を直して)
by WAX(ワックス )

(1)
ウヨニ ナル チャジャワ  サランマン ナムギゴ ガンノ
우연히 날 찾아와    사랑만 남기고 간 너
  偶然私のもとにやって来て 愛だけ残して行ったあなた

ハルガチナ ミョッテガ フルロド  アム ソシクド オムヌンデ
하루가 지나 몇해가 흘러도    아무 소식도 없는데 
  一日が過ぎ何年月日が流れても 何の便りもなかったのに

セウォレ ピョンヘボリン   ナルポミョ シルマンハルカボァ
세월에 변해버린     날 보며 실망할까봐  
  歳月の中で変わってしまった 私を見てがっかりするかしら

オヌルド ナヌン ソルレイヌンマムロ ファジャンウル タシコチゴンヘ
오늘도 나는 설레이는 맘으로  화장을 다시 고치곤 해
  今日 私は震える気持ちで 化粧をまた直してばかり


アムゴット ナン ヘジュンゲ オプソ パッキマン ヘッスルプン クレソミアネ
아무것도 난 해준게 없어    받기만 했을뿐 그래서 미안해
  私は何もしてあげていない  もらうばかりでごめんなさい

ナガットゥンヨジャル ウェサランヘヌンジ ウェ トナヤヘヌンジ
나같은 여자를 왜 사랑했는지    왜 떠나야 했는지
  私みたいな女をどうして愛したの なぜ行ってしまったの

オットケドゥン ウリンタシ サランヘヤヘ
어떻게든 우린 다시 사랑해야 해...
  とにかく 私たちはもう一度愛し合うべきよ

(2)
サルタガ ノル マンナミョン モジルケ タジゴシッポ
살다가 널 만나면   모질게 따지고 싶어
  生きてあなたに出会えたら 冷たく問いただしたい

ヒムドゥンセサネ ナホルロナムギョトゥゴ ウェ ヨルラッカンボン オプソンヌニャゴ
힘든 세상에 나홀로 남겨두고 왜 연락 한번 없었느냐고
  つらい世の中に私だけ残して どうして連絡一つくれなかったのと

★repeat
クテン ノム オリョソ モルラットン サランウル イジェヤ アルゲッソ
그땐 너무 어려서 몰랐던 사랑을 이제야 알겠어
  あの時はまだ幼くて分らなかった愛を 今ようやく分ったの

ポジャルコッドプチマン ノルウィヘ ナムギョドゥン ネ サランウル パダジョ
보잘것 없지만 널 위해 남겨둔 내 사랑을 받아줘
  豪華さはないけど あなたのために残しておいた 私の愛を受け止めて

オットケドゥン ウリンタシ サランヘヤヘ
어떻게든 우린 다시 사랑해야 해...
  とにかく私たち もう一度愛し合うべきよ

           ○          ○

いかがでしょうか?
訳文をそのまま読むと、不意に現れた元カレにやり直しましょうよと迫っている女の歌ということ聞こえてしまうところです。訳が下手なのは承知の上ですが、「私たちはもう一度愛し合うべきよ」なんて女性から言われたら引いちゃうところ。それとも英語のmust(必ず〜する/〜に違いない)と同じように、「私たちはまた愛し合うことができるのね」というハッピーエンドなのか。

と、頭を悩ませていたところ、このたび私にk-popsの対訳のお師匠さまが来て下さいました。
韓国政府の文部省に当たるところから派遣されたソンセンニム(先生)で、うれしいことにk-popsについての講座を週一回、私が現在暮らす地域で開講されました。
そこでソンセンニムにお尋ねしたところ、「確かに日本語に置き換えると『もう一度愛し合うべきよ』となってしまうが、韓国人が聞くときは強制ではなく、必然というニュアンスで受け止めるのが普通だろう」とのこと。
つまり、やり直しましょうと相手に迫るのではなくて、もっと切ない気持ちが込められている。
二人の思いはつながっているはずなのに、理由があって一緒にいられない。
でも本当は、二人が一緒にいられるべきなのよ。
何があろうと、離れるべきではなかったの。
そんなニュアンスととらえるべきだ。私なりに理解したのはそういうお話でした。
なるほど。少し分かってきた気がしました。
WISH YOU WERE HERE
でも、このニュアンスをどう日本語に表現したらいいのか、悩ましいところです。

その辺、松本隆の訳詩はさすが巧妙に作ってあります。ストレートに迫らずに、「赤い糸(=運命)」を持ち出すあたり、ニクイです。2番から引用しましょう。
  「外の雨音聴いて黙ってる
   それだけで心通うの つもる話もなしに」
この後、サビ(★印)のメロディの繰り返し。元歌では1番と同じ歌詞ですが、松本バージョンは歌詞が変化するようです。
  「ごめんね もらうだけで何もあげるものがなくて
   あと 1000回 生まれ変わり 生きて死んでも
   必ずめぐり逢う運命」
同じメロディにでエンディングが歌われます。
  「愛されたのに 愛し方を知らなかった
   ねえ あなたが動くたびに
   指からのびた真紅の糸が 心を縫う」
画像


遅くなりましたが、Youtubeにこの元歌のプロモーションビデオがあったので、下にリンクしておきます。冒頭の刑務所から出所した男は何なのか? ドラマ仕立てで興味を引きます。
  http://www.youtube.com/watch?v=i118f-XYhdo&mode=related&search=

( 2007年5月2日追記=下にトラックバックしておきましたが、
  WAXの代表曲「サランハゴ・シッポ」の対訳もアップロードしました。
   WAXの「サランハゴ・シッポ」対訳 2007/05/03
    http://oka1in.at.webry.info/200705/article_1.html
  こちらのPVは「ファジャヌル・コチゴ」のPVの続編になっています。
  是非一度、鑑賞してください )

赤い糸と聞いて山口百恵の赤いシリーズを連想する、というと世代がバレますね。
でもそのくらいドロドロした恋愛感情がないと、この歌は理解できないかもしれません。きっと情念の歌なんです。韓国の女性って情念でできているんでしょうか。お付き合いする時は、覚悟しておきましょう。

ところで個人的には、WAXの歌では「2」に入っている「サランハゴシッポ」(愛したい)とか、「アッチム・シクサ(WEDDING SONG)」(朝食事)あたりが気に入ってます。
「3」には元カノが、カレの新しいガールフレンドに「ちょっと単純だけど良い人だから頼むわね」と語りかける「プタケヨ」という曲もあります。
歌がメチャウマだから、ただBGMとして意味不明でかけていてるだけも気持ちいい。
韓国版で2枚組のベストも出ているし、ぜひ原語のまま聞いてみてほしいものです。

以下は参考です。
 ◆当k-pops対訳シリーズの目次は、
      =http://oka1in.at.webry.info/200804/article_2.html

 ◆最近アップロードされた曲のヘッドラインを見るのなら
      =http://oka1in.at.webry.info/theme/c6cd661f03.html

▼2006/10/24
 パク・ファヨビの歌を訳す
    http://oka1in.at.webry.info/200610/article_3.html

▼パソコンでハングル文書(上編=フォントの入手方法)
    http://oka1in.at.webry.info/200608/article_1.html
       (続編あり、3回連続シリーズです)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東方神起「“O”-正.反.合.」の試訳
今回は流行を追って韓国のpop group「東方神起」の3枚目CDからタイトル曲を訳してみました。今年9月に出た「“O”-正.反.合.」ですが……日本では未発売。いやぁ、難しい! 漢字語だらけで、単語の意味をつかむのにも時間がかかる。それをこんなにアップテンポで歌って、歌詞を聞き取れる人って、韓国人でもどれだけいるんだろう。まぁ、歌詞は関係ないか。キャーキャー叫んで聴いてないな。 ...続きを見る
おかりんのriptide
2006/11/12 11:09
WAXの「サランハゴ・シッポ」対訳
昨年8月5日にアップロードしたブログ「WAXの『赤い糸』を元歌と比較する」の続編です。今回翻訳したのは「サランハゴシッポ」。日本語では「愛したい」。ずばり直球ですね。どんな内容だろうと思って訳してみたら、……なんとも悲しい歌でした。 ...続きを見る
おかりんのミサレイニィ
2007/05/03 07:17
K-pop対訳シリーズの「目次」作りました。
当ブログ「おかりんのミサレイニィ」では「K-pops:〜の対訳」という題で韓国アーティストのポップスやバラード、トロット(演歌)などの対訳を試みてきましたので、目次を作りました。対訳をアップロードした場合、この画面に追加更新してます。2013年2月10日現在219曲(前回更新2012年10月以降12曲増)になりました!! 下の一覧で★印が追加分です。 ...続きを見る
おかりんのミサレイニー
2013/02/11 21:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
k-pops:WAXの「赤い糸」を元歌と比較する おかりんのミサレイニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる